本文へ移動

インフラ点検・調査

渦電流探傷試験

交流を流したコイルを試験体に近づけ、磁界の作用によって試験体に発生する渦電流の変化を検出して、 探傷試験を行う方法です。

塗膜割れが起きている箇所を調査します。

磁気探傷試験

鋼部材の疲労による損傷は、比較的低い応力であっても、これが繰り返し作用すると微細なき裂が発生し、その先端の応力集中により進展し、最終的には破壊にいたります。このため、亀裂を早期に発見した場合、初期段階で対策を講じることが鋼構造物の安全性を確保できます。橋梁詳細調査では、微細な疲労き裂の検出を目的とするため、主に磁気探傷試験が使用されております。
亀裂が生じている参考事例。

新光検査(株)明石本社
〒673-0044
兵庫県明石市藤江1820-3
TEL.078-928-4922
FAX.078-928-0914

新光検査(株)加西検査場
〒675-2103
兵庫県加西市鶉野町
字西上条2087-1
TEL.0790-49-2545
FAX.0790-49-2546


1.放射線透過試験
2.超音波探傷試験
3.磁粉探傷試験
4.浸透探傷試験
5.渦電流探傷試験
6.各種タンク開放検査
7.地下タンクの漏洩点検
8.鉄筋探査(レーダー探査、他)
9.赤外線サーモグラフィー
10.各種リークテスト
11.検査員の派遣業務
12.その他、非破壊検査の
     技術コンサルタント業務
0
2
1
0
4
7
TOPへ戻る